ガラスコーティングの9割はクズ
ガラスコーティングの9割はクズ
ホーム > 太陽光 > 太陽光発電は計画停電にも強い味方

太陽光発電は計画停電にも強い味方

太陽光発電システムを取り付けると、一般家庭で100万円ほどかかります。よく、元が取れるか?と聞かれますが元を取るには10年以上かかります。例えば一カ月の電気代が1万円の家庭なら、屋根の形状にもよりますが、共稼ぎで家にあまりいない家庭なら春から秋にかけては受け取り額が2万円から3万円となり、黒字です。しかし冬場や梅雨の時期にあまり太陽が射さなければ、ほとんど発電しないうえに、暖房を使ったり、乾燥機をつかいますので、万円以上の赤字になります。年間ではトータル10万程度の黒字になれば、儲かったと思われますが、初期投資を考えると、10年間その状態が続かなければ、赤字です。  最も意味があるのは災害時や、電気料金が値上がりした時です。太陽光発電システムを取り付けると、必ず自家発電システムを可能にしてくれます。そのため災害やオリンピック時に考えられる、計画停電時に電気を使うことができます。一般家庭でも。冷蔵庫などのように、少しの停電でも影響が出やすいものがありますので、かなり意味があります。  また、今後原子力発電所が使えないということは電力会社にとっては益々負債を抱えることとなりますので、電気料金の値上がりは必須です。こういったことからも、太陽光発電は一般家庭でも、とても意味があります。

エコスマイルの口コミ・評判の比較